オールインワンジェルで最安値はどれ?

 

値段の”安さ”だけで言うと、定番の”ちふれ”が1000円以内で購入できます。

 

私も使ったことはあり、素晴らしい商品です。

 

ただ、お肌の悩みは人それぞれ・・・正直おすすめはできません。

 

今回は、5つのよくあるお肌のお悩みから、おすすめのオールインワンジェルをランキング形式でご紹介します。

 

※安さ&コスパも考慮したランキングです。

 

 

【よくあるお肌のお悩み】

  1. 保湿
  2. ニキビ
  3. しみ
  4. シワ・ハリ
  5. 毛穴

 

 

メディプラスゲル

 

メディプラスゲル毛穴

 

 

  • 返金保証:30日間全額返金保証
  • 内容量:180g※約60日
  • 定期購入:2,996円

 

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

 

販売本数600万本以上、モンドセレクション3年連続金賞のメディプラスゲル。

 

低価格&たった1本でガサガサから潤う毎日へ!

 

デメリットは?

 

オイリー肌の人は、少しベタつく&コッテリに感じるかもしれません。

 

1位の理由は180gで60日分と容量が多くコスパが最もよいオールインワンジェルだからです。

 

また、どのお肌の悩みでもオールマイティにカバーできる、といった点から1位にしました。

 

 

【公式】→→https://mediplus-orders.jp

 

 

 

エミーノボーテ モイスチャーリッチクリーム

 

エミーノボーテ

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

エミーノボーテ モイスチャーリッチクリームは目元や口元の”ハリ”や小じわやクスミが気になる方にピッタリ!

 

デメリットは?

 

返金保証がない点。

 

また、ポンプ式でない点(※好みの問題ですが・・・)
です。

 

【公式】
→http://www.sukoyaka-egao.jp

 

 

フィトリフト

 

フィトリフト

 

 

  • 返金保証:10日以内あり
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

わずか10秒でピーン!というキャッチコピーで有名なフィトリフト。

 

ピーン!という言葉にピンと来た(汗)方におすすめです。

 

デメリットは?

 

初回は安いが、2回目〜はやや高い

 

※送料含め、税込みで5000円を超えてしまう

 

 

【公式】→http://www.phytolift.jp

 

 

ホワイトニングリフトケアジェル・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

妊娠中の時、 シミ増えた!というママさんには最適です。

 

デメリットは?

 

育児で多忙・・・・マッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp

 

 

 

ピュアメイジング

 

ニキビ訴求

 

  • 返金保証:30日間全額保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

ピュアメイジングはニキビ&シミが気になるあなたに最適なオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”1つで12役(※業界最多)”で、他社の商品にはない強みです。

 

デメリットは?

 

特にありませんが、ややべたつく!と感じる人もいるようです。
※私はそうは思いませんが・・・(汗)

 

 

【ピュアメイジング 公式サイト】
→http://puremazing.jp

 

女性の顔の悩み!Q&A

 

女性の美容を解説する女性

 

顔にできるシミの原因を解説

 

顔にできるシミのもっとも大きな原因は紫外線です。

 

紫外線を浴びると肌の防御反応が働いてメラニン色素が増えるのですが、その増えた分が順調に排出されずに留まる量が増えるとシミになります。

 

ある程度の年齢になってからの方ができやすくなるのは、肌代謝が衰えて古い角質を排出する働きが弱まるためです。

 

ターンオーバーの周期が長くなればなるほどシミはできやすくなりますので、年齢と共にリスクは高まることを理解しなければなりません。

 

また、摩擦によってもシミは生まれます。肌をこすったりして刺激を与えることでシミになるのですが、
毎日のお手入れや洗顔などで気付かないうちに刺激を与えているケースも多いようです。

 

洗顔ではなるべく摩擦を避けるために泡洗顔が良いといわれており、泡が手と肌のとの間でクッションの役割を果たして負担を軽減してくれます。

 

お手入れの時も、できるだけ少ないステップで終えた方が負担を減らせます。

 

最近話題のオールインワン化粧水は、負担を減らすという意味で肌トラブルの改善に効果があります。

 

30代以降になるとホルモンバランスの乱れも原因になります。

 

これは体の内側から引き起こされることが多いので、食事面や生活リズムなどを見直すのが有効です。

 

 

顔のたるみの原因を解説

 

顔のたるみがあると実年齢よりも老けて見えてしまいますし、
気になってしまうという人も多いでしょう。また、頬がたるむとほうれい線ができやすくなるため、
その原因をきちんと知ってから対策していくことが大切です。

 

コラーゲンは肌の弾力を保つという働きがあります。若い頃は肌のコラーゲンがたくさんあるのですが、年齢を重ねるごとにどんどん減少してしまいます。

 

50代になると20代の頃の半分程度の量になってしまいますし、肌の弾力が無くなってしまうということです。

 

顔のたるみは老化現象の一つだと諦めている人もいるでしょう。しかし、放置していればさらにたるんでいしまいますし、
解消するための方法をチェックしておくことが大切です。肌はコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの成分によって弾力が保たれています。

 

しかし、肌が乾燥すると細胞がしぼんでしまいますし、シワやたるみの原因になってしまうということです。

 

 

また、むくみで新陳代謝が悪くなると脂肪も溜まりやすくなります。さらに、老廃物も溜まりやすくなりますし、
新陳代謝が悪くなってしまうでしょう。また、頭や顔、首は全て1枚の皮膚で繋がっています。そのため顔のケアを行っていても頭皮がたるんでしまうと顔のたるみに繋がってしまうことがあります。

 

オイリー肌の特徴を解説!

 

オイリー肌は脂性肌とも言われますが、その特徴は、皮脂が過剰になることです。洗顔をしても時間が経つにつれてベタベタし、やがてテカテカとすることが最大の特徴として挙げられます。皮脂を取り除くためにあぶらとり紙を使用しても、1枚では足りないことが多く、1日で何枚も使用することもあるのです。
メイクをする人にとってオイリー肌で困るのは、化粧崩れしやすいことです。メイクは油分なので、皮脂が過剰に分泌することでメイクが浮いてしまいます。さらに、ニキビができやすい環境になりやすいことも特徴です。皮脂が多いことで毛穴が詰まったり、汚れやすくなり炎症が起きてしまいます。
皮脂が多くなる原因は、ホルモンバランスによるものと、肌の乾燥とされています。思春期ではオイリー肌になりやすいのですが、これはホルモンバランスが関係していることがほとんどで、成長につれて改善することが多いのです。それに対し、乾燥によるオイリー肌は間違ったケアをして余計に乾燥と過剰な皮脂分泌を促していることもあります。洗顔をして肌が乾燥していると感じる場合は、乾燥によるオイリー肌の可能性があるので、保湿ケアを重点的にすることがすすめられています。

 

 

コスメの基礎を学ぶ

 

化粧水の役割とは?なぜ使う必要があるの?

 

多くの女性が、洗顔後に使っている化粧水は、肌の調子を整える働きがあります。洗顔後の肌をそのままにしておくと、肌の水分はどんどん蒸発してしまい、乾燥肌になって白く粉をふいたようになったり、かゆみや赤みが出てしまったりすることがあります。肌は普段皮脂などで表面を覆われているため、肌内部の水分が過剰に蒸発してしまうことはありませんが、洗顔後の肌は、皮脂が薄くなっているため、うるおいをキープしにくくなっており、水分補給をすることが必要です。
化粧水をなぜ使うのかというと、乾燥した肌に水分補給をすると言っても、肌にただ水を吹きかけるだけでは、油分が含まれている肌に、水は浸透しないからです。化粧水は、たっぷりの水分の他に、油分がある肌に水分をなじませるためのグリセリンや肌を柔らかくする成分、保湿成分などを含んでいるため、肌に水分を補い、調子を整えてやわらかくする効果があります。肌が柔らかく、水分をたっぷり含んだ状態になることで、乳液やクリームが肌にむらなく行き渡らせることができたり、水分と油分のバランスを整えたりすることができることも重要な役割です。水分と油分のバランスを整えることで、乾燥によるトラブルを防ぎ、過剰に皮脂が分泌されることも防ぐことができます。